Tel045-311-5645

〒220-0072 神奈川県横浜市西区浅間町5-380-1

横浜市西区浅間町の内科、産婦人科、皮膚科 木村クリニック

プラセンタ注射

Mobile Site

プラセンタ療法

更年期障害に有効なプラセンタ療法をご存知ですか?

更年期チェックシート

簡略更年期指数(SMI)で自己チェックしてみましょう
症状の程度に応じて、自分で○をつけてから点数を入れ、その合計点をもとにチェックします。どれか1つの症状でも強く出ていれば「強」に、○をしてください。
症状 点数
顔がほてる 10 6 3 0  
汗をかきやすい 10 6 3 0  
腰や手足が冷えやすい 14 9 5 0  
息切れ、動悸がする 12 8 4 0  
寝つきが悪い、または眠りが浅い 14 9 5 0  
怒りやすく、すぐイライラする 12 8 4 0  
くよくよしたり、憂うつになることがある 7 5 3 0  
頭痛、めまい、吐き気がよくある 7 5 3 0  
疲れやすい 7 4 2 0  
肩こり、腰痛、手足の痛みがある 7 5 3 0  
更年期指数の自己採点の評価法
0~25点
上手に更年期を過ごしています。これまでの生活態度を続けていいでしょう。
26~50点
食事、運動などに注意をはらい、生活様式などにも無理をしないようにしましょう。
51~65点
医師の診察を受け、生活指導、カウンセリング、薬物療法を受けたほうがいいでしょう。
66~80点
長期間(半年以上)の計画的な治療が必要でしょう。
81~100点
各科の精密検査を受け、更年期障害のみである場合は、専門医での長期の計画的な対応が必要でしょう。

更年期障害にはこんな症状があります。

  • 顔はほてる
  • 汗をかきやすい
  • すぐイライラ
  • 手足の痛み
  • 寝つきが悪い 眠りが浅い
  • 肩こり 腰痛
  • 頭痛 めまい 吐き気
  • 息切れ 動悸がする
  • 腰や手足が冷えやすい
  • くよくよする
  • 憂うつになる
  • 疲れやすい

更年期障害とは

更年期になると、いろいろな不快な症状を感じるようになりますが、ほとんどの人は自分なりになんらかの対処をして、日常生活を送っています。ただ、症状がひどかったり、いくつも重なって日常生活に支障が出る人の場合は、専門的な治療が必要になります。

このように、更年期にあらわれる諸症状が更年期症状であり、そのために正常な生活が送れなくなった状態を更年期障害と呼びます。

更年期障害の原因

女性は更年期が近づくにつれ、除々に卵巣機能の衰えやホルモン分泌の乱れが起こり、その結果、更年期症状が表れます。

発症は、日常生活の変化がきっかけとなることがあります。若い頃は生活の変化にも上手に対応出来ていたのが、ホルモンのバランスが崩れてくるこの時期は、心身ともに不安定になるため、うまく対応することが難しくなり、更年期障害を引き起こすケースが多くみられます。

症状の出やすさには、その人の持つ性格も関係します。真面目すぎて融通がきかない人や、何事にもネガティブ志向の人は要注意です。よき理解者に恵まれている人は、症状が出にくい傾向がありますので、普段から身近な人たちと良い人間関係を築くようにこころがけましょう。

メルスモン注射とは

メルスモンとはヒトの胎盤を原料として作られ、

  • 更年期障害
  • 乳汁分泌不全(産後)の治療薬剤

として50年以上の長きにわたってつかわれてきた生物製剤です。
これを注射することにより、全身倦怠感、のぼせ、不眠、肩こり、腰痛等の更年期症状を大きく改善することができます。
又、産後の母乳の分泌を良くすることにも役立ちます。

胎盤とは

胎盤とは妊娠中に作られる臓器で、子宮の内側にガッチリと付着し、そこからへその緒(臍帯)が出ています。つまり、お母さんと赤ちゃんを結び付けているとても大事な臓器なのです。

胎盤の働き

胎盤は胎児の発育に必用な酸素や腫々の栄養を母体から胎児の方へ送り、その一方で炭酸ガスや不要になった老廃物を母体の方へ送っています。又、胎児の成長に必用な各種ホルモンを作り出しており、子宮の中で赤ちゃんがスクスクと育つのも胎盤のおかげなのです。

従来からの更年期障害の治療方法であるホルモン補充療法や、漢方薬を服用する方法に加え、このメルスモン注射による治療方も是非、ご検討ください。

プラセンタとは?

プラセンタは英語で胎盤のこと。胎児の発育に必要不可欠なものです。1個の受精卵をわずか10ヶ月程度で平均3kgにまで育てあげるための各種栄養素や生理活性物質が豊富な組織です。

更年期障害には自然治癒力を高めるプラセンタ

プラセンタの最大の特徴として「自然治癒力」の増大があり、体の不調を慢性化させない自然薬として注目を集めています。
また、肝炎と更年期障害に対する保険適用が厚生労働省から許可されている副作用の少ない医薬品です。

プラセンタの薬利作用

プラセンタの薬理効果に対する研究は数多く成されており、幾多の有用な作用が確認されてきています。

  • 自律神経調節作用
  • 基礎代謝向上作用
  • 免疫賦活作用
  • 抗疲労作用
  • 抗アレルギー作用
  • 血行促進作用
  • 内分泌調整作用
  • 強肝作用
  • 妊婦の乳汁分泌促進作用
  • 肉芽形成促進作用
  • 活性酸素除去作用
  • 抗炎症作用
  • 抗貧血作用
  • 体質改善作用
  • 抗突然変異作用

安全性と副作用

肝炎やエイズなどの感染のない健康なヒトの胎盤のみを原料としています。また、ウイルスや細菌は高圧蒸気滅菌により不活化されます。

次のような副作用があります。
注射部位の疼痛、発赤等や、悪寒、発熱、発疹等が起こることがあります。
その場合は、医師にお申し出ください。
ページトップへ戻る